沿革



2009年4月 ヘリオス テクノ ホールディング株式会社へ商号を変更
2009年4月 分社型新設分割を行い、事業子会社であるフェニックス電機株式会社を設立
2009年4月 株式会社日本技術センターを一部株式取得により子会社化
2009年5月 株式会社日本技術センターを株式交換により完全子会社化
2009年6月 ナカンテクノ株式会社を設立
2009年7月 ナカンテクノ株式会社はナカン株式会社より事業譲渡を受け事業開始
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場
2010年10月 大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
2011年4月 ERPシステム(OBIC7)再構築・運用開始
2013年5月 株式会社関西技研を一部株式取得により子会社化
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴う市場選択により、東京証券取引所市場第一部を選択し、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)との重複上場を解消
2013年8月 株式会社関西技研を株式交換により完全子会社化
2013年10月 株式会社日本技術センターが株式会社関西技研を吸収合併
2013年10月 株式会社テクノ・プロバイダーを全株式取得により完全子会社化
2015年4月 株式会社日本技術センターが株式会社テクノ・プロバイダーを吸収合併
2016年10月 ナカンテクノ株式会社が株式会社リードテックを株式取得により子会社化